[PR] Tokyo apartment パチスロについて[負け組み借金毒男・底辺からの返済日記]

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

パチスロについて

2007.03.17
2ちゃんで借金関連の板を見ると、あらためて思う。
パチスロで身を持ち崩した人が本当に多い。

私は現在はやらないのですが、やっていた時期もありました。
当時は4号機初期で「花火」「アステカ」などを打っていました。
中でも花火は本当によく出来た機種で、子役カウンターの推移から設定を判別したり、結構本気でした。

当時は100円単位で収支をつけていたのですが、ストック機とかAT機とかギャンブル性の高い機種が出てきてからマイナスの月が多くなり、やめてしまいました。

3ヶ月ほど前(借金なかった頃)に同僚の付き合いで北斗の拳とアラジンを打ったのですが、どこが面白いのか意味不明。同僚がイロイロ教えてくれたのですが、なによりお客がほぼ全員、目押しとかチャンスゾーンとかを心得ているので有利な立ち回りが出来るはずもない。

花火の時代はリーチ目でフラグが立つことも知らない人が多かったので甘かった。
今の状況で勝っている人は真の実力派だと思います。

それはさておき、なぜパチスロで身を持ち崩す人か多いのかというと、「金銭感覚の麻痺」が挙げられると思います。
今の会社にもパチスロ好きは多いのですが、総じて金遣いが荒い。
パチスロは還元率8割~9割とギャンブルの中では割と良心的な部類に入ります。
すくなくとも宝くじや競馬よりは有利。
しかし、サンドに突っ込む1000円と比べたら・・・と思うと1000円くらいの出費はたいしたことないと考えがち。

ここに落とし穴があると思います。

パチスロ現行機種の最高設定機械割は約110%で、1時間に600ゲーム消化できるとしたら時給は3600円。10台に1台あるかないかの最高設定を掴んでもこの程度の時給。さらに、その最高設定機種を打っているのがサクラで自分にはそのチャンスがないとしたら・・・10台のうち7~8台は回収台なので期待値はマイナス。つまり、運で勝つことはあっても打ち続けていれば、特殊技能でもない限りは確率に収束しマイナスに転じるわけです。

 一撃10万円の破壊力があっても所詮パチスロの期待値なんて、こんなものです。
毎日設定6を掴める環境でなければ無駄遣いなど出来るはずもないのです。
こう考えると空しい。

夢を追うことは良いことかもしれませんが、その手段としてはパチスロは不適格だと思います。


スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。