[PR] Tokyo apartment 利権は命より重い ~前編~[負け組み借金毒男・底辺からの返済日記]

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

利権は命より重い ~前編~

2007.04.14
ネット巡回していたら、興味ある記事を発見。

タミフル投与を受けた7割が日本

タミフルはインフルエンザウイルスに直接作用する世界初の飲み薬とされています。また、新型インフルエンザ(鳥インフルエンザ)にも有効とされ、有事に備えて日米で備蓄が進められている。

ちょっと引っかかりますね。
鳥インフルエンザの被害について、厚生労働省の予測では日本国内で3200万人が発症(うち10万人が死亡)する恐れがあり、世界保健機構(WTO)によると死亡者は最悪500万人にも上るという。
この大感染に備えて各国が備蓄している「はず」のタミフルをなぜ、日本は大量消費しているのでしょうか?


タミフルは中外製薬が販売している薬ですが、テレビのニュースを見ていると意外なほどに「中外製薬」という名前が出てこない。
薬と名の付くものは殆ど飲んだことがない私は興味がなかったせいもあり、はじめのうちは何処の製薬会社が販売しているのか知らなかったほどです。


中外製薬はスイスのロシュ社による株式公開買付により2002年にロシュグループ入りとなる。
タミフルの製造はロシュ社だけど、特許を持っているのは米国ギリアド・サイエンス社。
オダギリジョーがアド街ック天国に出演した、と覚えましょう(?)
そして、急上昇したギリアド・サイエンス社の株式を高値で売り抜けたのが・・・あの人です。

「あの人」が誰か知ってる人も知らない人もクリックお願いします。
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。